繰り返して知識を習得

タイミングを決めよう

学校で授業を受けるだけでは、まだ足りません。
完全に授業内容を理解できていないかもしれないので、自宅でも学習することを忘れないでください。
勉強の習慣を付けるためには、タイミングを決めるのが最も良い方法です。
例えば帰宅してすぐ机に向かい、習ったところのノートをまとめると決めましょう。
習慣になれば、意識しなくても家庭学習に取り組めると思います。

しかしアルバイトをしながら学校に通っている人は、家庭学習の時間をなかなか確保できないでしょう。
それでも時間がないことを理由に、勉強を放棄しないでください。
時間がないなら、寝る前などの隙間時間を利用しましょう。
参考書を読むだけでも良い勉強になり、さらに知識を深められます。

復習を優先しよう

まずは復習して、授業内容を完全に理解することを心がけてください。
中には予習を優先する人がいますが、前回の授業をわかっていない段階では次の授業内容もわからないので、意味のある復習になりません。
ですから、余裕がある時にだけ復習するのが良い方法です。
さらにわかっている部分は、軽く復習するだけで構いません。

それよりも難しい部分や、苦手な部分を優先してください。
難しいところは避けたくなりますが、ずっとわからないままでは試験に出題された時に解けません。
結果的に不合格になり、もう1年勉強することになります。
試験を受けるのも学校に通うのも費用が掛かるので、無駄にしないでください。
これまでの努力が報われるよう、試験に挑みましょう。